2016年1月 7日 (木)

横浜から市川への引っ越し

またまた久しぶりの記事です。

これまで横浜に住んでいましたが、もう2年前、再度戸塚から東京勤務に変わったため、2014年1月より
千葉県市川市のマンションに引っ越して現在に至ります。

5_2

もともと自宅は成田に持っていたので同じ千葉県でなおかつ東京に近いところで、ということで市川にしました。駅までは徒歩7分程度、電車で市川→東京は総武快速線で20分と、通勤は楽ちんです。場所は江戸川近くであり、マンション5階の部屋からは富士山とスカイツリーが並んで見えます!

4

何かと便利な場所ですっかり気に入っています。おそらく会社を退職するまでここにいるでしょう。現在57才になったのであと3年か。それまで市川ライフを満喫するつもりです。

2014年10月26日 (日)

決めた事を愚直に練習することが大事!

前回、スライス・ダフリ防止のため、悪癖である大根切りをやめ横振りの低いテークバックにする練習を始めたと記載した。その結果はまあまあの成果として現れた。

ところが人間とは悲しいもの。横振りでは力一杯叩けない感じがあるので、つい縦振りの大根切りを試したくなるのである。練習場でそれをやると、これまた困ったことに上手く当たってしまうことがあり「やっぱり、これだ!」と思ってしまうのである。

しかし結果は無残。縦振りに戻して2回ラウンドしたが、コースではちっとも当たらず、当たってもスライス玉が復活し、結果は本年ワーストである110台を2回も連続して出してしまったのである。

今、冷静に考えると、私には決めたことを愚直に練習し習得する努力が足りないのではないかと思う。典型的な例が、ゴルフ雑誌に書いてある記事を見て「これだ!」と思ってついやってしまうのである。その結果、スイングがおかしくなることの繰り返しなのだ。

今後は、当初決めた横振りスイングを愚直に練習し、完全マスターするよう練習を継続する所存である。

2014年9月21日 (日)

ナイスショットを目指して

さてさて、久しぶりにゴルフの記事を書きます。

シンガポール駐在中に43才でゴルフを覚えたあと帰国し、ゴルフ歴はもう12年になる。これだけ経験すれば普通は80~90台のスコアで安定してラウンド出来ると思ったのだが、残念ながら日本帰国後はラウンド回数が年間20回以内と減少したため、100を切るのがやっとの状況、情けない。。。

ちなみに昨年2013年はラウンド数が多く42回も回ったにかかわらずベストが94、平均105今年2014は今のところ14回のラウンドでベストが96、平均103という有様。

これではいかん! と思い、今年の夏以降、真面目に考え練習に励んだのである。

●まずは現状分析を行なった。私の悪いクセは以前、シンガポール時代から現在に至るまでの師匠であるSプロに何度も指摘された通り、たくさんあるが、主なものを集中的に治すことにした。完全に自己流であるが。。。

1)極端な縦振り(大根切り)によるアウトサイドイン。当然スライサー。

2)オーバースイング、かつトップで体が伸びあがる。

3)玉を見ずヘッドアップして体が左に突っ込む。

4)力んで両脇が開き両腕が伸びない。手が五角形の形になっている。

5)当てておしまい、振り切れない

●この対策をどうすべきか、脳みそがちぎれるくらい考えた結果、下記対策を講じることにした。

横振りにスイング改造するため、テークバックは地面に平行になる位、低く右後ろ(イン側)に引くこれでも実際には上半身が前傾しているのでトップは高い位置に来ることが分かった。また、横振りの場合、オーバースイングになりにくい上、体が伸びあがりにくい。

2)テークバックでは左手を右側に捻転させフェースを思い切り開く。最初は怖いが人間の体は面白いもので、開いたらその反動でインパクトで急激に閉じることになり、逆につかまった玉が打てる。飛距離も伸びる

3)アドレスからフィニッシュまで、両脇を締めることを意識する。特にダウンスイングからインパクトでは無理やりでも両脇を締めて両手を伸ばす。これが出来れば引っかけは出てもスライスは絶対に出ないことが分かった。

4)フェースを少し閉じて構え、ダウンからインパクトでは、無理やりに払い打つようにインサイドからアウトサイドに振る。これが大事である!テークバックを低く上げているのでダウンでも手が低い位置を通るのが分かる。これが出来ればコスリ玉は絶対に出ない。うまく決まれば、憧れのドローボールが出る。ウッドもアイアンも基本は同じ。もう1つの利点は、これを意識することでインパクトまで自然にボールを見ることが出来、ヘッドアップしにくくなることである。そのあとは自分を信じて思い切り振りぬくことである。

ただし注意点は、スライサーは右へ行くのを本能的に極端に嫌うので、インからアウトへ振るのがとても怖いのだ。しかしそれを克服して振ってやると実にいい玉が出るのである。これは練習で自信をつけるしかないだろう。

5)インパクトの瞬間は左手の肘が体に向くよう、左手を左方向に捻転させる。この利点はフェースが開くことを防止するとともに、左脇が自然と締まることになる。

これを意識して練習に励んだのである。

最初はインパクトで両脇を締めることやインサイドからおろすことがなかなか出来ず、力んで結局アウトサイドインになることが多かったが、練習を重ねるうちにつかまったいい玉が出るようになったのである。しかし課題はちょっと気を抜くとアイアンがダフりやすいことである。しかし従来の大根切りはほぼ100%ダフっていたため、それよりはマシだとメゲずに練習を繰り返した。

その成果は確実に出ていると思う。

実際の最近2回のラウンドでは、ウッドは確実につかまる玉が打てるようになってきた。ドライバーなどは従来はコスリ玉のスライスで200~220ヤードしか飛ばなかったが、調子が良い時は何と270ヤードも飛ぶのである! また5Wや3UTは途中からホップし伸びるプロのような玉が出るのである!

これは嬉しい!

実に気持ちよくラウンド出来るので最近はルンルンなのだ。

しかしまだ課題が残る。4Iや5Iといった長めのアイアンではどうしても緊張するせいか、力み過ぎてダフりやすいのだ。そのため2ndでミスることでスコアは相変わらず100+αなのだ。また、インサイドから振り抜くことを忘れると引っかけが出る。よって今はこの点を集中的に練習しているのである。

早くこの新打法をマスターして、また憧れの80台を目指す所存である。

2014年8月24日 (日)

2011年~2014年の状況

久しぶりにプログに記事を書きます。前回書いたのは2011年2月ですから実に3年半ぶりです。最近すっかりサボっておりました。

前回までは成田に住んでおりましたが、2011年10月に会社の異動により、横浜にマンションを借りて住むことになりました。成田の自宅は空けたままです。横浜は以前より大好きな街でしたのでとても嬉しい!

横浜駅から徒歩6~7分の台町というところにいいマンションを見つけ家族で移りました。

Akarenga_2_2









さて憧れの横浜、毎週カメラを持って市内観光に励もうと張り切っていましたが、面白いことにいざ住んでみると意外と街中を歩こうとは思わないもの。買い物や時間つぶしに横浜駅周辺をぶらつく程度で、市内観光は赤レンガ倉庫や山下公園など数回しか行きませんでした。

Hanami2012_46_2

Akarenga_2_14_2



成田にいる時は車はオデッセイと2ndカーのムーヴを持っていましたが、横浜では駐車場の関係で1台にしなくてはならず、2台を売って
レガシーB4 1台に買い換えました。この車はいま時少ないスポーツセダンであり、今でもお気に入りで愛用しています。

さてこの素晴らしい横浜生活もわずか2年3か月、今度は2014年1月よりまた会社の異動で都内勤務に戻りましたので、今度は千葉県に戻り市川のマンションに移り現在に至ります。市川から東京までは電車で20分と近いので便利。成田の家は同様に空けたまま、家族で市川に住んでいます。引っ越して8か月、だいぶ市川にも慣れました。

これからまたせっせとブログ更新を行いますので、宜しくお願いします。

2011年2月17日 (木)

2nd カーの買い替え -- ダイハツ・ムーヴ --

我が家は車を2台持っています。1台は私専用のオデッセイ。もう1台は奥さん用2ndカーのホンダライフ。いずれも2005年4月にシンガポールより帰国した時に購入したもので、オデッセイは新車で、ホンダライフは中古で買いました。そのホンダライフがもともと中古の上に6年経過して走行距離が11万kmを越え、いい加減ガタがきたので、今回思い切って買い換えることにしました。

私は折角なのでヴィッツなどの小型車がいいと思いましたが、奥さんは「街乗りしかしないので、経済的な軽自動車で十分です。」と言います。そこで「こだわり」の私としては、これまで全く関心のなかった軽自動車について、どの車が良いか調べることにしました。

まず浮かんだのは、人気のあるスズキのアルト、ワゴンR、それにダイハツのミラ、ムーヴです。デザインは乗用車タイプのミラがいいと最初思いましたが、よく調べるともう発売から4年以上経過しており今年中にモデルチェンジされることが判明、仕方なくこれはあきらめました。スズキはスタイルが男性的過ぎて、奥さんには合わないなということでパス。そこで一気に浮上したのはダイハツ・ムーヴです。

ムーヴは昨年12月にモデルチェンジしたばかりのバリバリの新型で、しかも調べてみると赤信号で停車した時に自動的にエンジンが停止して燃費をかせぐアイドルストップなる機能がついている上、内装や装備もオートエアコン標準など軽自動車とは思えないくらい素晴らしいものでしたので、すぐ気に入り1月に入り実車を見に行き試乗もしてみました。

いや、驚きました。軽自動車とバカにするなかれ。室内は広いし運転席のすわり心地も良好、なんと言ってもベンチシートの広々した感覚はオデッセイとそんなに変わりません。また、リアシートもスライド出来るので、一番後ろにすると異常に広く、ヘタなリムジンよりよほど広く感じます。エンジン音も静かで音質も安っぽい軽自動車特有のものでなく、小型車並みのいい音がします。室内の静かさはヘタな小型車をしのぐかもしれません。

そこですっかり気に入ってしまい、すぐ契約してしまいました。

2月第1週の日曜日に車の引き取りに行き、ライフとお別れしムーヴに乗って帰ってきました。ムーヴ、きびきび走りなかなかこしゃくな車ですっかりお気に入りになりました。

K_move_08_2_2

K_move_06_2_1_2


2010年11月 7日 (日)

テレビが壊れた!

昨夜のことです。
テレビを見ていたら突然「ブチッ!」といって画面が暗くなってしまいました。音声も出ません。こんなのは初めてのことで、しばらくは何が起こったのか理解出来ませんでしたが、しばらくしてようやく故障なのでは? と気付きました。

このテレビはS社製の32インチ液晶テレビで、5年前、シンガポールより帰国した時に他の家電品と一緒に購入したもの。まだ5年で壊れるとは・・・とちょっと驚いてしまいました。

さて説明書を見ても、何が原因か詳しいことは書いておりません。経験的にこういう時は電源を抜いてしばらく(1~2分くらい)放置しておけば、状態が初期化されて直ることがありますが、今回はそれでも直りません。たぶん基盤の上の部品(コンデンサあたりか?)が壊れたものと思われます。私はパソコンも自作しており類似の故障を何度か経験しているのでだいたい分かります。

よって昨夜は仕方なくテレビのない夜を過ごしました。

本日昼間、テレビを買ったY電機に電話してみたら、安心サービスの範囲で無料出張調査を行なってくれるとのこと。恐らく基盤交換となりますが、もし保障の範囲内なら無料、そうでなくても2万円位で修理可能だろう、と言われ、ようやく少し安心しました。

でも本音はこれを機会に、最新のもっと大型の42インチ~50インチくらいの液晶テレビに買い換えたかったのですが、残念ながら我が家の大蔵省(奥様です!)の許可がおりませんでした・・・。

まあ、うまく直ればいいのですが、今日も一日テレビの無い生活。実にリビングが静かです。家族皆でゆっくり読書に励む一日となりました。

たまにはこういうのもいいかな、などと思った日でした。

2010年10月 3日 (日)

浅草

先日久しぶりにブラリと浅草に行ってみました。2年ぶりの訪問です。浅草と言えばまず雷門ですね。相変わらずその前で外人さんたちがたくさん集まり写真撮影をしていました。

K_asa_001_5

K_asa_006_10


雷門をくぐった先にある仲見世通りの賑わいも相変わらずで、人がたくさんいます。最近特に目立つのは日本人、西洋人に混じってアジア系、特に韓国、中国系の人が、やたら多いことです。見た目は日本人と変わりませんが言葉が韓国語や中国語なのですぐ分かります。やはり浅草は日本の代表的な観光地のようです。仲見世通りの終点、本堂の前にある山門も相変わらず見事なものです。

K_asa_012_5

K_asa_029_2_4


突き当たりの本堂は改修中でした。現在は平成本堂大営繕と言って、昨年2月から今年11月までかけて修繕しているようです。横には五重塔があります。

K_asa_048

K_asa_049_3


K_asa_071

さて浅草寺を見た後は、お隣の花やしき通りに向かいます。

都内の代表的(?)遊園地の花やしきは子供がまだ小さい頃に何度か遊びに来ました。狭い場所を走るコースターは小さいながらも民家の軒をかすめるように走るので、とてもスリルがあり大人でも楽しめます。また、お化け屋敷も真っ暗でとても怖かった記憶があります。


花やしきの前を抜けると、浅草六区に出ます。ここには映画館や昔からある劇場が多くありますが、現在ではかつての賑わいは少なくなっているようで、場外馬券売り場の周囲のみ人がたくさんいる状況です。これは少しさびしいものがあります。

古いボーリング場が以前からありましたが、本日見たら改修工事中となっていました。とうとうつぶれたのでしょうか・・・。

K_asa_080

K_asa_082


六区から左に折れると伝法院通りがあります。ここでは名物の人力車を見ることが出来ます。中にはいくつか昔ながらの団子屋さんなどのお店がいくつかあり、ちょっと一休みするにはいい場所です。

K_asa_089

K_asa_086 


近くの浅草公会堂の前には有名人の手形がたくさんありますので、必見です。

K_asa_097

K_asa_096 

さて、ここらで帰ることにします。
色々な店をブラブラ見ながら歩いていると、脇の路地の向こうに建設中の
東京スカイツリーが見えました。浅草の景色と馴染まない感じもしますが、これも完成したら新たな名物になるのでしょう。
時代はスピードあげて変わっていきますが、浅草のこの昔ながらののんびりした雰囲気は、私的にはとても好きなので、また暇みてカメラ持ってブラブラしたいと思います。

K_asa_102

K_asa_106


2010年9月14日 (火)

大停電

昨夜はひどい停電に見舞われました。

仕事で少し遅くなり帰宅したのは夜10時頃です。東京の会社を出た頃は何でもありませんでしたが、成田駅に着いた時は、曇り空で遠くで雷が何度も光るという嫌な雰囲気。自宅到着の頃には、はっきり雷が鳴り出し、急激に雨が降り出しました。
家に入り背広を脱いだその瞬間、「ドン!」という近くの雷の激しい音とともに家中の電気がパッと消えました。久しぶりの停電です。その時は「おっ、停電か」くらいに思っていたのですが・・・。

待てど暮らせど電気がつきません。真っ暗なリビングで家族で話をしていましたが、一向に復旧せず、時間は5分、10分と経過します。
停電で困るのは、お風呂にも入れず、こはんを作り食べることも出来ない。
何より困ったのはエアコンが止まってしまうので、部屋の中が次第に暑くなってくることでした。しかも外は雨のため窓を開けることも出来ません。

そんな状態で1時間以上が経過してしまい、もうあきらめて本日は寝てしまうことにしましたが、何よりも暑くてなかなか寝付かれません。ベッドの中でウトウトしながら寝られないで時間がどんどん過ぎてゆき、ようやく4時間以上も経過した夜中の2時過ぎに復旧し電気がつきました。

こんな長い停電は始めての経験です。ニュースを見たら大停電を起こしたのは成田市近辺だけのようでした。
そこからやっと風呂に入りこはんを食べたら、時間はもうすでに朝の4時。
完全な寝不足で翌日は会社でアクビをおさえるのがやっとの状態、いやいや、散々な目にあってしまいました。

2010年9月12日 (日)

運転中、足がつった!

今年は毎日暑い日が続きますのでゴルフは控えていましたが、昨日久しぶりにゴルフに行きました。
埼玉の
鳩山CCです。
成田からは高速道路で2時間のコース。埼玉の東松山方面は成田からでは関東の端から端まで行くので非常に遠く、しかも関越道など埼玉方面の高速道路は異常に混むので普段は行きませんが、昨日はお客さんとのお付き合いの関係上、やむなく行ってきたものです。

相変わらず暑くヒイヒイいいながら何とか1ラウンド消化。スコアは106と、100は切れませんでしたが久しぶりにしてはマアマアでした。

問題は帰りに運転している時です。
関越道は珍しく渋滞がなかったのですが、中央環状線に入った途端、渋滞が始まりました。ヤレヤレ、またか、と思いながら運転していましたが、なぜか急に右足のふくらはぎから足首の辺りが痛くなってきました。

アクセルを踏んでいる時は足首が伸びるからいいのですが、渋滞でアクセルから足を離すと足首が折れ曲がる形になり、痛いのです。何だろう、と考えましたが、もしかして足がつっているのでは?!

ビンゴです。なぜか急に右足がつってしまったのです。確かに暑い中でゴルフした時に足がつるのは良くあることですが、まさか運転中に足がつるとは・・・。
しかもアクセルから足を離すとつってしまうというのは、渋滞中だけにとても悲惨!
渋滞を抜けるまで30分近く、散々な目にあいました。

それにしても運転中に足がつるのは痛いだけでなく怖いものです。時々足が痙攣するようになるので、思わずアクセルをドバッ!と踏みそうになり非常に怖い思いをしました。しかも高速の上だから止まるわけにもいかないし・・・。

年寄りの人が時々アクセルとブレーキを踏み間違えて事故を起こすことがありますが、それはもしかして足がつってしまったのでは?と考えてしまいました。

2010年7月27日 (火)

また酔って電車乗り越し【その2】

5月に酔って電車乗り越しをやらかしたばかりでしたが、今回またやってしまいました!
前回はその電車が成田空港行きだったので、すぐに戻ってこれラッキーと思ったのですが、今回はそうはいきませんでした・・・。

東京の八重洲で飲んだ後、ちょうど東京発の総武線特急電車があったので、それに乗ったのです。東京発 20:45で、成田着 21:38の鹿島神宮行き特急あやめ1号でした。飲んだ帰りは早く帰りたいので、快速電車ではなく特急をよく使います。その日もそうでした。
まだ時間も早いので安心して乗り込みましたが、実は疲れのせいか結構酔っており、乗ってほどなく寝てしまいました。しばらくして目が覚めたら、成田の1つ前の佐倉駅であったので、あと10分で到着と思い窓の夜景を見ながら乗っていましたが、、、。

突然、車掌さんに「お客さん、特急券を拝見します」と言われ目が覚めました。
「あれ? 成田までの特急券はさっき買いましたが・・・」と答えたところ、車掌さん曰く

「お客さん、成田は過ぎましたよ!」
と言うではないですか!
あわてて外の景色を見ると、見覚えのない山や畑の中を電車はゴトゴト走っています。車内も成田で大半の乗客がおりたせいか、ガラガラです。
このあたりで流石に事の重大さに初めて気付きました。

そう、前回は成田空港行きの電車でしたからすぐ戻れましたが、今回は鹿島神宮行き!
いったいどこまで行ってしまうのか想像がつきません。
しかも総武線は成田の先は電車の本数が一気に減ってしまうので、今日中に帰れるのだろうか、と不安一杯の気持ちでゴトゴト乗っていました。

結局次の駅は15分ほど走った先の滑川駅でしたので、そこでとりあえず降ります。見ると無人駅!
改札の外は何もなくタクシーが2台ポツンと止まっているだけ。
「こりゃぁ、ダメだぁ・・・」と思いながら時刻表を探します。現在時刻は 21:55頃、見たらラッキーなことにまだ成田方面への上り電車がまだありました。しかし時間は 22:30と、あと40分もありますが、帰れるだけまだマシと思い、そこで待つこととしました。

タバコをふかしながらウロウロしていたら後ろから誰かが「あの~」と話しかけてきます。見ると年配の見知らぬ男性です。何だろう、と思っていたらその方曰く「もしかしてあなたも成田駅を乗り過ごしたのでしょうか?」と聞いてくるではないですか!
いやいや、こんな所で「仲間」に会えるとは、嬉しいやら情けないやらで、まずは話し相手が出来ただけマシと思って「実はそうなんですよ~」などと話していましたところ、もう1人の別の男性が寄ってきて「お~、今日は仲間が2人もいるかぁ!」などと言うではないですか。
見事、その方も成田から乗り過ごした方で、しかも常習犯のようで、結局、
乗り過ごし仲間3人で上り電車を一緒に待つことになりました。情けない・・・。

3人で色々話しているうちに、どんな仕事についているかの話になりました。
私が「ある電機メーカーに勤めています」と話したところ、2人口を揃えて「えっ!」と言いますから何だろうと思ったら、1人は何と私の会社のグループ会社出身の方で、もう1人は私の会社のコンピュータの保守を行なう会社の方でした!
いやいや、世の中狭いものですね。とんでもない所で同じグループの人間が3人も揃ってしまいました。

話をしていると時間はあっと言う間に過ぎるもの。ほどなく上り電車が来たので3人で乗り込んで、話をしているうちに間もなく無事に成田駅に到着しました。
3人で改札を出るときは「ご苦労さんでした」と言って別れました。

電車乗り越しはショックでしたが、名前も知らない3人で過ごした1時間は、楽しい思い出となりそうです。

2010年6月 6日 (日)

最新のシューズは素晴らしい

現在のゴルフシューズはシンガポール時代に購入したツアーステージのものですが、すでに5年以上使用しているため、さすがに裏面のゴムが半分はがれてきてしまいました。そこで久しぶりに買い替えようと思っていたら、何と奥さんが「買ってあげますよ」と言うではないですか! いつもは自分のものは自分のお小遣いで買ってください、というのに、今回はなぜか機嫌良く買ってくれるというので、気が変わらないうちに成田のGOLF5に行きました。

シューズのブランドは大人気のフットジョイはじめナイキなど色々ありましたが、やはりゴルフクラブと合わせることと長年使って馴染みのあるツアーステージで選びました。ちょうど最新モデルが発売になったばかりというので、その最新の「SHTS05」のブラックを購入です。価格は税込みで15,750円ですからさほど高い買い物にはなりません。

WEBより写真借用

Shts05main_2_2

早速練習場で試してみます。

履いた感じは非常に良くフィットし、しかも大変軽いのに驚きです。ノンスパイクタイプですがグリップ感もしっかり。わずか数年でシューズがこんなに良くなるものかと、技術の進歩に驚きです。今月末のラウンドが今から楽しみです。

現在古いシューズをお持ちの方は、最新型のシューズを試してみてはいかがでしょうか。

2010年5月20日 (木)

酔って電車乗り越し!

私は仕事柄、飲み会に行く機会が結構多く、週1~3回は行っています。基本的にあまりお酒は強い方ではなく人並みなので、だいたいビール中心としていますから、酔いつぶれることはほとんどありません。昨夜もそんな感じで数名で飲み、早めに東京を夜8時に出ることが出来ました。

疲れていたのでちょうと発車待ちであった成田エクスプレスに乗りました。これだと快速電車に比べて早く、1時間弱で成田駅まで到着します。昨夜は少し酔っていたので、乗り込んですぐ眠ってしまいました。

私はこれまでの人生で、酔って電車を乗り越したことが1回しかなく、ほとんどは到着駅の直前で自然に目が覚めます。昨夜も同じ感じで成田駅到着直前で目が覚めるはずでしたが・・・。

目が覚めたら何となく周囲の景色が違います。良く見てみると成田の見慣れた街並みではなく、山の中をひたすら走っています。おかしいな、と思っていたら車内アナウンスが「次は~、空港第二ビル~」と言っているではないですか!
そうです、
人生2回目の乗り越しをやらかしてしまったのです!

さすがにあせりましたが、不幸中の幸いは成田空港行きであったのですぐ戻れたこと。空港駅でちょうど上り快速電車が発車するところだったので、それに乗り込み成田駅まで戻ってきました。

いや、まいりました。これまでの絶対乗り越さないという自信はすっかりなくなり、次回以降は十分注意する所存です。

2010年5月15日 (土)

最後に池4連発!

最近2ラウンド続けて100切りの偉業を達成して気分の良い私は、本日5月15日にまたラウンドへ行きました。場所は神奈川の名門「レイクウッドGC」、富士山の見える素晴らしいコースです。本日はあわよくば95以下のスコアを目指してのぞみました。

レイクウッドGC(WEBより写真借用)
Photo

いざスタートです。本日は東コースOUTからのスタートですが、朝一のティーショットはビシッ!と真っ直ぐ飛んでくれ気分のいいスタートでした。1番はボギーなのでまあまあ、しかしなぜか続く2番からはティーショットがお乱れになり、右へいったりチョロしたりして大変苦労、前半ハーフは56も叩いてしまい、早くも本日の100切りは諦めるハメになりました。

2370_9_3

昼食をはさんで後半へ突入。毎ホールともボギー、ダボで回り本日は何とか100ちょっとで回れるかなと考えながら、最終18番ホールへ来ました。ここは一番の名物ホールで左ドッグのロング。ティーグランドからは左右に池、セカンドは大きく左に回りこみ、まず池超えのショットがあり、しかも右は延々とOBゾーンが続く嫌なホールです。前回来た時はティーショットは真っ直ぐでしたがセカンドで3回続けて右OBをやらかしてしまいました。

嫌な気持ちが残っていたのでしょう。ティーショットは大きく右に曲がってしまい池ポチャしてしまいました。そこで大人しくセカンド(第3打)を前から打てば良かったものを、悔しくて意地を張ってしまいまたティーグランドから打ったら、またまた池ボチャです!

がっかりしながら今度は前から第5打を打つこととしましたが、5Wで打った玉がトップしてしまい、また左の池へ!

池の向こう側に当たって池ポチャしたので、わなわなしながら池の向こうから今度は4番アイアンで打ったところ、手首が返りすぎてしまい左へ引っ掛けてまた池!

いやいや、もうボロボロ、この最終ホールで13という記録的な大叩きをしてしまい、本日の成績は115と、また元に戻ってしまいました。もう涙です・・・。

また練習にいそしまなくては・・・。

2010年5月 3日 (月)

蔵の町「喜多方」

これまで会津若松は何度も訪問しましたが、そのすぐ北にある喜多方はまだ行ったことがありません。喜多方「喜多方ラーメン」で有名、なおかつ蔵の町として古い街並みがあるということなので車を走らせます。塔のへつりからは会津若松を抜けて1時間ちょっとの場所になります。

会津若松から喜多方へ向かう国道は、すでに午後になっていたため結構渋滞していましたが、カーナビで渋滞回避したおかげで、さほど混むことなく無事に到着しました。
街の中心部に入ると、あちこちに喜多方ラーメンの店がありますが、どこもかしこも人が大勢並んでいます!
少なくとも1軒当たり10人以上は並んでいるため本日は喜多方ラーメンを食べるのは諦め、普通のファミレスで昼食を取りました。やはりこうした名物・観光地へ来る場合は混雑しない朝から来ることが大事です。

さて遅い昼食後はいよいよ蔵を見に行きます。事前に調べたら喜多方には蔵が2600軒も残っているそうです。その中で喜多方の北西部の集落である「三津谷集落」「杉山集落」へ行ってみました。

三津谷集落には蔵は5軒しかありませんが、ドイツ人鉱山技師が設計した珍しいレンガ造りの蔵があります。全てが若菜家の資産のようで入場料を支払って中に入ることも出来ますが、今回は外から見るにとどめました。GW中にかかわらず見に来ているのは我々ともう1組なので、ゆっくり見ることが出来ます。とても静かな所で、猫がのんびり道を歩いているのがご愛嬌でした。

三津谷集落のレンガ蔵
K_tk_062

K_tk_066

続いて三津谷集落のすぐ近くの杉山集落へ行ってみます。通りには杉山集落の案内板があり「杉山の土蔵」と書いてあるのですぐ分かります。ここは三津谷集落より少し大きく20軒ほどの家がかたまっています。行ってみると実際に人が住んでいるので写真を撮るのが気が引けますが、見事な蔵が道路の両側に並んでいます。かなり古い蔵もあり現在でも使っているようで、ちょっぴり感動です。

杉山集落にはここから入ってゆきます
K_tk_070

この細い道の奥に杉山集落があります
K_tk_093

杉山集落の見事な蔵
K_tk_082

K_tk_076

K_tk_075

K_tk_087

いや、素晴らしかったです。ここは喜多方北部に車で10分くらいのところですが、あまり有名ではないせいか人がほとんどいなくて、ゆっくり見ることが出来ます。但し実際に人が住んでいるので、騒いだりしないように気をつけて下さい。一度近くにきたら是非見ることをお勧めします。

2010年5月 2日 (日)

塔のへつり

さてGW2日目の5月2日は会津の南にある塔のへつりへ行ってみました。
「塔のへつり」とは変な名称ですが、
「へつり」とは会津方言で川に迫った険しい断崖を意味します。それらの断崖が塔のように見えるのでこの名前が付いたとのことで、紅葉の時期は大変美しいようです。郡山からは一般道を通り1時間少しで到着です。途中、羽鳥湖の脇を通ります。道路の脇に会津鉄道の線路が見えるようになると、もう近いです。

さて塔のへつりに着き会津鉄道の踏切を渡って駐車場に車を止めます。朝早かったせいか、まだたいして混んでおりません。歩き出してすぐ、何と会津鉄道の踏切がカンカンと鳴り出しました! おおっ、これはラッキー! 1日に数本しか通らない鉄道を見ることが出来るとばかり、カメラを持って踏み切りへ走ります。すぐ脇は塔のへつり駅でそこに電車が入り止りましたので何枚か写真を撮ります。周囲には同じようにカメラを構えた人が多くいました。
鉄道の正面、横には、地元の英雄「夏目漱石」の顔が書かれています。2両編成のジーゼル車で何ともいえない風情がありました。

K_tk_017

さて、いよいよ塔のへつりに行ってみます。ここは国の天然記念物に指定されています。案内板を見た後、遊歩道を歩くと、すぐに川沿いに大きなつり橋が見えます。

K_tk_032

K_tk_034

このつり橋、「30人以上は渡らないで下さい」と注意書きがあり警備員の方が立って監視しています。さほど重量に耐えられないのでしょうが見ているとどう見ても30人以上の人が上にいます。ちょっと怖いのですが渡ってみますと、最初は縦にグラグラ揺れています。まあこんなもんだろう、と思いながら進むと、真ん中あたりでは横にグラグラ揺れます!
これは正直、落ちそうで怖かったですが、つり橋の上から見る川沿いの景色はっても素晴らしいものでした。

K_tk_040

K_tk_051

渡った所には、岩をくりぬいた祠があり、以前、高松宮殿下が訪問されたと記されています。

K_tk_047

雄大な風景を堪能した後、また入り口に戻ります。ここにはいくつかの売店があり、その1つに「へつり団子」がありましたので食べてみたら、非常においしかったです。大きな団子が3つ串に刺さって300円はお得。その他には、あゆに塩焼きやつくねなどあり、目の前で焼いてくれますので、ちょっと一休みです。

K_tk_052

帰るときには、先ほどの会津鉄道の塔のへつり駅をまた見てみました。駅といっても無人駅なので人はいません。山の中の風情ある駅ということで、別の機会にここで列車に乗ってみたいと思いました。

K_tk_060

お次は、近くの昔の宿場の「大内宿」に向かいます。ここは江戸時代に参勤交代などで非常にはやった宿場とのことで、藁葺き宿がいまだにいくつか残っている場所なので楽しみにしていました。しかし山道に入ると、いきなり大渋滞です! 見ると大内宿まではわずか4kmなのでそのまま並んでいましたが、1時間たっても1kmしか進みません!
これではいつになっても目的地にたどり着かないと判断し、残念ですがUターンし本日見るのは諦めました。ここを見るには朝一番で来ないと無理そうです。

そこで北上し、蔵の町「喜多方」へ向かうこととしました。初めて訪問する喜多方、楽しみです。

2010年5月 1日 (土)

夏井千本桜・三春の滝桜

今年のGWは母親を連れて弟が住んでいる福島県郡山市へ行って来ました。5月1日~3日の日程です。成田からは圏央道~常磐道~磐越道のルートで行くとほとんど渋滞なく行くことが出来ます。いつも実家のある仙台へ帰省する時もこのルートを使いますが、GW期間に磐越道を走ると、郡山の近くの小野ICの手前右側に川沿いに見事な桜がたくさん咲いているのが見えます。いつもはこれを見ながら走り去るのですが、今回は是非見てみたいと思いネットで調べたら、ここは夏井千本桜と呼ばれていることが分かり、今回は途中立ち寄って見てみました。

場所は小野ICを降りて5kmほど戻った所にあります。駐車場に車を止めて歩くと、川沿いに多くの桜が咲き乱れており圧巻です。以前、夏井川に沿って本当に1000本の桜を植えたそうで、延々と桜並木が続いています。関東では桜はとっくに終わりましたが、福島県のこのあたりは今がちょうど満開。多くの観光客がいて混んでいましたが4月に続いて本年二度目のお花見が出来、何となく得した気分になりました。

K_mi_19

しばらく鑑賞した後は、近くの有名な三春滝桜へも行って見ます。
三春滝桜は大きな枝垂(しだれ)桜で国の
天然記念物となっています。すでに樹齢1000年以上!とのこと。普段はこの周辺は非常に渋滞するらしいですが、GW期間にかかわらず時間が遅かったせいか渋滞もなくまもなく到着。歩いて見てみます。

見ると本当に大きくびっくりします。
古く大きすぎるため桜の枝をあちこちを棒で支えていますが、それがまた迫力あります。その裏にも何本か桜が植えてありますが、やはり圧巻は正面の枝垂桜に尽きます。いや~、これは一見の価値はあると思います。

K_mi_69

K_mi_77

K_mi_78

実はこの三春滝桜、あまりに素晴らしいので、5月3日に自宅へ帰る前にも、朝また立ち寄って見てしまいました。そのくらい素晴らしい桜なので、近くへ来られた方は是非とも見てみることをお勧めします。

** もっと詳しく見たい方は、シンガポール駐在記(日本編)/旅行ドライブ日記 を参照下さい。**

2010年4月30日 (金)

100を切った男

先週2年半ぶりにゴルフで100を切った私は、家族の前で「100を切った男」として自慢していました。奥さんはまだ「すごいな~」と言ってくれますが子供はもうあきれて「・・・」と無言、でも私にとっては本当に久しぶりの100切りでしばらくは有頂天でした。そうした中、ゴールデンウイーク2日目の本日、またラウンドへ行って来ました。

場所は「スパ&ゴルフリゾート久慈」という茨城県の奥地にあるコースですが、温泉や宿泊施設もあり、何と言ってもあの伝説のアマチュアゴルファー「中部銀次郎」が設計したというコースです。自宅の成田からは高速道路を使ってたっぷり2時間はかかる遠いコースですが、会社関係の仲間12人が集まるので早起きして楽しみに行きました。

ここ、なかなかいいコースです。欠点はコースの水はけが悪く昨日の雨の影響か午前中はフェアウエイもジメジメしていましたが、基本的に手入れは良く、サクッとターフが綺麗に取れる打ち易いコースでした。天気も良く気持ちよくラウンド出来ました。

で、問題のスコアですが、本日もINスタートで、前半(IN)50、後半(OUT)49、トータル99、で回ることが出来ました!
2週間連続での100切り、これは本物です!
私もようやくヘタクソから人並みのゴルファーに戻れた、と嬉しさもひとしお、もっと練習を継続してまた90台で安定して回れるようになりたいものです。

スパ&ゴルフリゾート久慈(WEBより写真借用)

01_3

02_3


2010年4月24日 (土)

久しぶりの100切り!

この2年間(2008年~2009年)はゴルフの調子の絶不調が続き100を切ることも適わず悩み続けておりましたが、3月にグリップの重要性に気付き改善してからは、アイアンの右にふける玉やシャンクが減りつつあり次第に調子が上がってきていました。そうした中、本日またラウンドしてきました。
場所は
桜ヶ丘CC、東京の調布にある素晴らしいコースです。良く晴れた暖かい日であったので気持ちよくプレー出来ました。

本日はドライバーが良く当たりました。スイングテンポを少しだけゆっくり目にしたのが良かったのかもしれません。ドライバーがまっすぐ飛ぶとセカンドはフェアウエイ真ん中より打つことになるので実に気分良く、精神的に余裕を持って打てるだけにセカンドショットも大きなミスをすることがなくなるもの。心配していたアイアンの右へフケる玉も出ることなく淡々と進むことが出来ました。

何より一番良かったのはアプローチでのシャンク、トップがほとんど出なかったこと。バンカー越えのアプローチなどでもダフることなくグリーンにポンポン乗るので気分爽快。
そのグリーンは難しく3パットを6回もやらかしてしまいましたが、終わってみると
IN49、OUT50(INスタートでした)のトータル99と久しぶりに100を切ることが出来ました!

いや~、嬉しいです!
調べたら最後に100を切ったのは2007年11月の95、が最後でしたので、実に2年半ぶりの100切りでした。
今年はこの調子で、また90台で安定して回れるよう、さらに練習を継続してがんばります!

桜ヶ丘CC(WEBより写真借用)

Sakuragaoka02_2

Sakuragaoka03_3


2010年4月18日 (日)

井上ひさし氏の母校は、私の育ちの場所だった!

作家、井上ひさし氏が4月9日に亡くなりました。井上ひさし氏の代表作は「ひょっこりひょうたん島」「吉里吉里人」など、あまりに有名な作品が多い日本を代表する作家であっただけに残念です。

関連記事をWEBで見ていたら、井上ひさし氏は出身は山形県川西町の生まれです。しかし幼い頃に実父に死に別れた後、生活苦によって母親から宮城県仙台市の孤児院(現在の児童養護施設)「光が丘天使院」に預けられました。光が丘天使院は現在では「仙台ラ・サール・ホーム」と名を変えて今でも残っています。場所は東仙台にあり、井上ひさし氏はそこから東仙台中学校へ通った、と記事にはあります。

ここで「えっ?!」です。

なぜかと言うと、私が幼い時には、東仙台中学校の向かいに住んでいたからです!

私は生まれは宮城県石巻市ですが、すぐに仙台に引越し東仙台に小学校2年生まで住んでいました。それが東仙台中学校の道路挟んだ南側にある社宅であったのです。小学校2年生で仙台市内の別の場所(荒町)へ引っ越したため東仙台中学校に通うことはありませんでしたが、入学した小学校は近くの東仙台小学校でした。

いやいや、こんな身近な所に日本を代表する作家が通っていたとは驚きました。井上ひさし氏はその後、仙台第一高等学校に進み、上智大学へ進学して仙台を離れました。

東仙台は、シンガポール駐在時代の2004年4月の一時帰国時に、懐かしくなって子供をつれて訪ねています。私が住んでいた社宅は今ではマンションに変わっていましたが、向かいの東仙台中学校は昔のまま残っていました。

小さなJR東仙台駅
P4032549

東仙台中学校
P4032551

なお、東仙台訪問時に、私が通っていたナザレト幼稚園も訪問しましたが、その時に間違えて隣にある井上ひさし氏が通っていたという仙台ラ・サール・ホームを訪ね写真を撮っていました。それも掲載します。

井上ひさし氏が通っていた仙台ラ・サール・ホーム
P4032554

P4032556

P4032557

私が通っていたナザレト幼稚園(ラ・サール・ホームの隣)
P4032568

P4032563

有名人と同じ場所で育ったことに、ちょっぴり誇りを感じています。
もしかしたら、故郷を訪ねてきた井上ひさし氏と幼い頃にすれ違っていたかもしれません。
故郷の大先輩である井上ひさし氏の冥福をお祈りします。

 

2010年4月17日 (土)

季節はずれの雪

今日は朝から関東でも雪が降りました。

自宅、成田では朝からみぞれ混じりの雨でしたが、何と7時くらいには雪に近いみぞれとなりました!
道路や庭にも、見るとうっすらと雪が積もっています。もう4月17日なのに、こんなことは初めての経験で驚きました。

9時頃、宅急便を出す用があって近くに車で行きましたが、道路はツルツル滑りちょっと怖かったですね。途中で事故のせいか普段混まない道でも渋滞があったりしました。10時には雨になりましたが、外はとても寒く気温は測ったら3度くらいしかなく、4月なのに真冬の寒さ。ニュースを見たらあちこちの高速道路が通行止めになっており悲惨な状況でした。

実は私の弟が福島県の郡山市に住んでおり叔父が経営している会社に勤めていますが、その社員旅行で本日は朝から成田に来る予定だったので昼頃会う約束をしていました。電話したら案の定、磐越自動車道が通行止めになっておりかなり遅れるとのこと、残念ながら本日会うことは出来ませんでした。

季節はずれの雪は大迷惑です。

うっすらと雪が積もった庭
Yuki4_02

2010年4月11日 (日)

三里塚記念公園のお花見

本日は自宅すぐ近くの成田市にある三里塚記念公園に花見に行きました。関東地方は本日が満開最後の休日、来週にはもう見れないと思います。

見たらすでに満開より少し過ぎている感じ、一部散りだしていましたが、桜吹雪も綺麗で風情がありました。今日は気温が20度まで上がったため、とても暖かく、暑いくらいでした。
これで今年の春の花見はおしまいです。

K9_h10s_01

K9_h10s_22

K9_h10s_07

K9_h10s_10

K9_h10s_20

2010年4月10日 (土)

全員バーディーゲット?

本日ゴルフへ行きました。成田の自宅近くのカレドニアンGCです。ここは私が知る限り関東近辺で最も美しく素晴らしいリンクスコースですが、ちょっと難しいチャレンジングなコースなので大好きなコースです。今回はINスタートです。

INの後半、15番はグリーン前に美しい(?)クリークが横たわる名物ロングです。ここのセカンドショットで5番ウッドで打ったら非常にいい当たりで、普段なら届かないグリーン前のクリ-クに突っ込んでしまいました。クリ-ク前でボールをドロップして打ったら、ダフってまた池ポチャ。再度打ったらまたチョロで池ポチャ!
結局、
池に3つも突っ込んでしまい、3パットのおまけ付きで11の大叩きとなってしまいました・・・。

気を取り直して向かったその次のホール16番で最初の事件は起こりました。330ヤードのミドルですが同行A氏がアプローチでベタピンにつけ、本日初のバーディー。冗談で「さあ、これからバーディーラッシュですね!」などと話しながら次の17番ショート(150ヤード)へ向かいティーショットを終わらせグリーンに歩いてゆきました。そこで同行B氏がグリーン外の薄いラフよりパターで打った玉が、何とコロコロとカップへ! 2ホール連続バーディーが出たのは初めての経験です。

昼休みの間はその話題でもちきり。続く後半OUTでプレー再開です。バーディーを出していないのは同行C氏と私だけ。最初の1番ホール(358ヤード・ミドル)でのC氏の打ったセカンドはトップ玉でグリーン前のバンカーに入ると思われましたが、ラッキーなことにバンカー上をスーッと過ぎてナイスオン。しかもこれまたベタピン! 本日3つ目のバーディーが出てしまいました!

こうなるとバーディーが出ていないのは私1人! ムムムッと思いながら進んでいきましたら、5番池越えショート144ヤードで今度は私のショットがピン横1mに付きました!!
これを入れたら全員バーディーゲットの快挙なので慎重に構えました。ラインはちょいスライスなので軽~くホール少し左に打ったら・・・・、
わずか1cmではずしてしまいました! ク~~ッ!

あ~~、めったにないチャンスなのにがっくりです。
その後はバーディーチャンスもなく1日が終わってしまいましたが、同日に3人もバーディーを出したことは初めての経験であり、思い出す都度、非常に悔しい思いをしています。
もっと練習しなければ・・・。

2010年4月 9日 (金)

成田山公園のお花見

先週末、2010年4月4日の日曜日、近所の成田山公園へお花見へ行ってみました。関東ではまだ若干早い感じもしましたが前日の土曜日が非常に暖かかったので日曜日ならもう満開かと思ったものです。

成田山公園とは成田山の山門から見ると右奥(北東部)の方にある日本庭園で、梅や紅葉も綺麗なところ。お花見で行くのは初めてです。駐車場に車を止めて歩いてみましたが、桜の木はあまりなくちょっぴりがっかり。でも満開直前で綺麗に咲いていたので、何枚か写真を撮って帰ってきました。近所で手軽に桜を楽しめるので、来年もまたちょこっと行ってみるつもりです。

K9_ha2010_28

K9_ha2010_36

K9_ha2010_17

2010年4月 7日 (水)

屏風ヶ浦

天気のいい3月下旬、「東洋のドーバー」と言われる屏風ヶ浦へ行ってみました。

屏風ヶ浦とは、千葉県銚子市名洗町から旭市の刑部岬(ぎょうぶみさき)まで10kmにおよぶ断崖絶壁のことであり、水郷筑波国定公園に属しています。イギリスとフランスの間にあるドーバー海峡の崖に似ているため、東洋のドーバーと呼ばれています。この景観は、「海食(波による浸食)」により形成されてきたそうで、「海食」により、過去40~50年の間に陸地が50mほど後退したそうです。(鎌倉時代には2~6km先に陸地があったとも言われています。)
同じ千葉県に住んでいながらまだ見たことがなかったので、ブラリと行ってみました。

最初に飯岡町の刑部岬へ行きます。岬には展望台があり太平洋を広く見渡すことが出来ますが、本日は非常に風が強く、飛ばされそうになりました! それに耐えながら写真撮影したりしましたが、海が丸いことを実感出来る雄大な眺めです。

K9_byo_04

K9_byo_18

このあたりの丘には、風力発電設備が多くあります。ざっと15機ほどでしょうか。後から調べたら高さ65m、羽根の直径70mもあるとのこと。雄大な眺めです。

K9_byo_17

続いていよいよ屏風ヶ浦へ行ってみます。飯岡町から銚子の方に向かい、銚子ドーバーラインという道(無料)を走ります。これは屏風ヶ浦の海岸線に沿った道ですが、残念ながら途中で海岸におりる場所はなく、終点まで行くと屏風ヶ浦の最東端で海岸線に降りることが出来ます。そこには銚子マリーナ千葉科学大があります。車を止めて歩くとすぐ目の前に広い砂浜が広がり、右手に延々と断崖絶壁が続くのが見えます。これが屏風ヶ浦で、手前には遊歩道もあります。

海岸に下りて歩いてみますが、引き潮のせいか砂浜がとても広く、砂紋が綺麗に出来ていました。
屏風ヶ浦は実に雄大な眺めです。はるか遠くまで延々と断崖絶壁が続きます。手前のあたりは遊歩道で歩けますので、断崖の地層がくっきり見えます。

K9_byo_65

K9_byo_59

とても風の強い日でしたが、無理して来た甲斐がありました。

** もっと詳しく見たい方は、シンガポール駐在記(日本編)/旅行ドライブ日記 を参照下さい。**

2010年3月27日 (土)

開眼!グリップの重要性 (2)

グリップの重要性を認識し練習した後、本日3月27日に早速ラウンドし実践してみました。
場所は
袖ヶ浦CC袖ヶ浦コース、千葉県のコースで毎年ブリジストンオープンを開催している良いコースです。

当日は朝から京葉道路下り線の渋滞にハマり、スタートを1つ遅らせてもらったというおまけ付きでしたが、少し肌寒い程度のまあまあの天気でした。

やはりグリップを変えるとコースでも違和感が相当あります。しかし一打一打、慎重に構えてグリップを確認しながらのショットを心掛けました。

その成果はと言いますと、ドライバーは違和感あるせいか若干振り遅れ気味でスライス、右へのプッシュアウトが多く出ましたが、従来多発したアイアンの右へ飛び出してしかもスライスする玉が見事に消えました!
また、もともと好きな5番ウッドもまっすぐ飛ぶようになり、185ヤードのショートではピン横1mに付け、あわやバーディ、残念ながらはずしてパーでしたが、気持ちよく打てるようになりました。

いや、これは嬉しいです!
スコア的にはまだ100を切るには至りませんでしたが、従来の120前後という初心者的なスコアにはならず、実に気分良くラウンドを終えることが出来ました。

今後の課題はドライバーなどの長物の振り遅れ対策とアプローチの練習です。
せっせと練習場に通い、新しいグリップに早く馴染むようにし久しぶりの100切りを目指したいと思います。

袖ヶ浦CC袖ヶ浦コース 18番ホール             2005年のブリジストンオープン
                                (優勝:スメイル:袖ヶ浦コース18番)

B_open_30_2

B_open_27_2



2010年3月23日 (火)

開眼!グリップの重要性

私はシンガポール駐在時代の2002年に43才にして初めてゴルフを覚えました。その年齢のハンデを克服すべく、残り駐在期間3年は毎晩練習場で打ち込み、毎週末はラウンドに行くという、今では考えられない位ゴルフに打ち込んでいました。そのおかげで帰国前にはベストスコア90まで出すようになり、ようやく人並みの腕前になったと喜んでいました。

しかし2005年に帰国してからというものの・・・。
やはり日本では毎週ラウンドするなど考えられず、せいぜい年に10~15回程度のラウンド回数に減ってしまい、また練習も平日には行なえないため自然とゴルフの情熱が薄れ、昨年まではほとんど練習さえしないようになっていました。

そのためスコアはどんどん悪くなる一方で、ベスト90の栄華はどこへやら、この2年は100を切ることも適わず、しかも昨年後半からはドライバーのスライスが激しくなりアイアンも皆、右へ飛んでゆく始末。
おかげで今年2010年はすでに6ラウンドしたにかかわらず平均スコアは121と、全くの初心者レベルに戻ってしまいました。

こうなると流石にあせるもの。昨年後半より毎週週末は練習場に行き300発ほど打ち込むようにしましたが、一向に改善されません。あれこれ苦心して改善しようとしましたが一向に直らずほとほとまいっていました。

半年近くも悩み続ける毎日を過ごしつつ、たまたま先週土曜日の夜に、WEBサイトのゴルフレッスンを色々見て、1つ1つ基本から振り返ってみることにしたのです。

レッスンですからまずグリップから入ります。
見るとグリップの基本は
両腕をダラリと下げた形でクラブを握るとあります。加えてクラブをゆるく握るために、左手の親指はグッと強く押さえつけるのではなく、クラブの右側にまっすぐ伸ばすように当てろ、と書いてあります。

その通りに部屋の中でクラブを握ってみると、だいぶ従来の握りと異なります。
そう、私はスライスを嫌がるため、左手は極端なフックグリップ、右手はそれに合わせ下から握りこむという変則グリップになっていたのです!
しかもそれでも当たりが悪いためインパクトで手首をこねくり回すように返すという、変な癖がついていることに気付きました。

そこで翌日早速練習場へ行き、ダラリと下げた形でのグリップで打ってみました。
最初は相当違和感があったので何度も素振りを繰り返した後、恐る恐るボールを打つと・・・。

何と! ビシュンッ!と実にきれいに当たるではないですか!

これは驚き 桃の木 山椒の木 で、もう一発打ってみても同じように綺麗にクリーンに当たります!
あれ~?? これまでのコスリ玉はどこへ行ってしまったの?? と思いながらクラブを変えて色々打ってみましたが、時々ダフる程度で、これまでにない当たりの連発です。スライスは綺麗に消え、ドライバーも気持ちよくまっすぐ飛んでゆきます!

そう、グリップを基本に忠実に変えただけでこんなにも変わることに、今更ながら気付いたのです。

これは嬉しい!

あまりの嬉しさに時間のたつのを忘れ、3時間以上も打ち続け自信を深めました。

そうなんです、たかがグリップと言うなかれ。
ゴルフは基本に忠実が一番ということを改めて知らされた一日でした。

今週末もラウンドですが、この打ち方でいい結果が出るかどうか、今から楽しみです。
いかにグリップが大事か、本当に心底思い知らされました。

2010年3月21日 (日)

Google Chrome おすすめ拡張機能

非常に軽く使いやすいブラウザ Google Chrome ですが、意外と多くの拡張機能が備わっています。
これは、誰でも拡張機能を作成し Google Chrome に登録し、それを誰でも無料で使えるという実に素晴らしいシステムになっているからで、さすがは Googleだと思わされます。

拡張機能の追加は簡単です。画面右上の設定ボタン Photo_2 より、「拡張機能」を選ぶと現在登録済の拡張機能一覧ページが表示されますので、その右下にある「他の拡張機能を見る>>」リンクをクリックすれば、ブラウザ上の拡張機能一覧ページが表示されます。あとはそこから好きな拡張機能を選択しインストールするのみです。

私が使用している、おすすめの拡張機能は下記の通りです。

1.AdBlock

非常に強力な広告ブロック機能です。サイト上で邪魔になる大半の広告を綺麗に消してくれます。類似の機能は Firefoxや Operaにもありましたが、今のところこの AdBlockが最も完全に広告を消してくれます。

但し、他の広告ブロックアドオンにあるような、特定のURLを指定して消す機能は付いておりませんので、ごくマレに消しもれた広告が表示されることがあります。しかし実用上はほとんど問題なく機能します。まず最初に AdBlockをインストールすることを強くお勧めします。

広告ブロックなし
Photo_4

広告ブロック有効
Photo_5


2.LastPass

パスワード自動入力機能です。
あるサイトにログインする場合、たいていの場合はユーザIDとパスワードを入力しますが、そのユーザIDとパスワードを記憶し、次回以降は自動ログイン出来るようになります。最初にログインした時に画面上にそのパスワードを記憶するかどうかを聞いてきますので、そこで登録すれば次回以降は自動ログインされるようになります。

Google Chromeにも標準で類似のパスワード自動入力機能が付属していますが、ログイン画面でユーザIDとパスワードが自動表示されるだけで、ログインボタンは自分で押してログインする必要があります。LastPassはその操作さえ不要で自動的にパスワード入力からログインまで実行しますから非常に楽チンです。
現在はGoogle Chrome標準と LastPassを並行使用していますが、使用上の問題はありません。初回登録時には両方からパスワード登録要否を聞いてきますが、一応両方登録するようにしています。

3.Hyperlink Underline Remover

WEBサイト上のリンクに自動表示されるアンダーラインを消します。
Internet Explorerでは、アンダーラインを表示しないようにインターネットオプションで設定できますが、Google Chromeはその設定がないためアンダーラインが自動表示されてしまいます。これは意外と邪魔に感じる方も多いと思いますが、Hyperlink Underline Removerはこのアンダーラインを綺麗に消してくれます。
しかし表紙ページからそのサイト内の別ページに移動した場合、機能しないことがあります。これはバグと思い割り切って使っています。

4.IE Tab

Google Chromeのページ表示を Internet Explorerモードで表示します。
Google Chromeは他の無料ブラウザと異なりページ表示レイアウトが崩れることはほとんどありませんが、ごくマレに崩れることがあります。その場合に IE Tabをクリックすれば Internet Explorerモードに変わり、レイアウトが崩れることなく綺麗に表示されます。
しかし欠点もあり、そのページでのブラウザ「進む」「戻る」ボタンはきかなくなります。

5.Xmarks Thumbnails

Google 検索結果に、WEB画面のサムネイルを表示します。
文字に加えサムネイルが表示されるので、どのようなサイトか非常に分かりやすく重宝します。

2010年3月18日 (木)

ブラウザ Google Chrome は使いやすい、最高!

パソコンを見ている多くの人は、Windows標準の Internet Explorer(以下 IE)を使っていることと思います。私も最初はそうでした。しかし IEは使い続けるうちに、その「重さ」と「レスポンスのにぶさ」に嫌気が差してきませんか?
現在の最新バージョンは IE8で以前よりだいぶマシになりましたが、それでも他のフリー(無料)ブラウザに比べるとだいぶ重たく感じます。

私はパソコン自作を始めてしばらくしてからそのことに気付き、他のブラウザを長く使っています。
お勧めは下記のブラウザでした。

Sleipnir : 日本製ブラウザ。IEベースエンジンだが軽くて使いやすい。無料。
       自分専用のカスタマイズ自由度が高く、分かる人が使えば非常に良い。
       最大かつ唯一の欠点は、広告ブロックが出来ないこと。

Firefox : IEの最大のライバル。無料。独自エンジンで軽くて使いやすい。
      アドオンも豊富。広告ブロックも強力で、画面に邪魔な広告が出てこない。
      パスワードも登録し、次回以降は自動的に入力してくれるのがGOOD。

Opera : 北欧製でひそかにマニアがいるブラウザ。無料。非常に軽いのが特徴。
      実にサクサクと動き気持ちがいい上に、スタイルもなかなか格好良い。
      広告ブロックもキチンときくし、パスワードも入力補助機能はベスト。
      一番のお気に入りで、つい最近まで使用。無料。

いずれも非常にいいブラウザで長く使っていました。特に Firefoxと Operaはお気に入りでしたが、共通の問題は、いくつかの特定のサイトで画面表示が崩れてしまうことです。これはソフト上の問題があり日々解決に向けて対策しているようですが、どうしても見にくいため次第に嫌気が差してしまいました。


<正しく表示されている例> Google chrome
Chrome_2


<画面が崩れている例1> Firefox
Firefox


<画面が崩れている例2> Opera
Opera


そこで Google Chrome を試してみました。
これはカスタマイズ自由度が低いので以前は関心なかったのですが、試してみたら、画面崩れもほとんど発生しないので、実に気持ちよく見ることができます!
加えて、広告ブロックのアドオンも強力にきく上、パスワード入力補助もOK。
しかもサクサクと軽~く動きます。
一発で気に入ってしまい、現在は Google Chromeを愛用しています。

ダウンロードは こちら です。(無料)

IEの重さに辟易している人は、Google Chromeを試してみたらいかがでしょうか。
欠点であったカスタマイズ性の低さは、最近多くの無料アドオンが増えているので、だいぶ改善されてきたと思います。さすがは Google。すっかりお気に入りです。

Google_chrome_1_2

2010年3月13日 (土)

強風の中のゴルフ

本日ゴルフに行ってきました。場所は千葉県北部の小見川東急GCです。今週前半の寒さは消え、20℃近くまで気温が上がるという暖かさで、非常に快適なゴルフになるはずでしたが…。

いざ行ってみたらものすごい強風です!。
あまりに風が強くマトモに立っていられないくらいの強風は、ゴルフ歴9年で初めての経験。
帽子は飛んでしまうし、アゲインスト風でアイアンも20ヤード以上も飛ばなくなるし、パターを打つときでさえ、風がピュ~っと吹いてくると思わずゴンッ!と打ってしまい激しくオーバーする始末。
しかもしかも、パターでスライスラインのはずが、打った瞬間右から風がピューって吹いてきて左に曲がってしまったり!
もう、どないもなりまへん。

昼食後も状況変わらず、結果は今年最悪のスコアを記録して終わりました。
いやいや、強風のゴルフとは大変。雨の方がまだマシ、と皆で話して疲れきった体で帰ってきました。

疲れました…。

2010年3月11日 (木)

鶴岡八幡宮の大銀杏の倒壊

2010年3月10日、鶴岡八幡宮の樹齢1000年の大銀杏が倒壊したとのニュースが飛び込んできました。

この大銀杏は1219年、鎌倉幕府の3代目将軍源実朝が八幡宮の参拝を終えたところ、この木に隠れていた公暁(くぎょう)が暗殺したとされる伝説から「隠れ銀杏(いちょう)」とも呼ばれていました。そのように伝統ある銀杏が1000年の寿命を全うしたということですが、天然記念物であり鶴岡八幡宮の名物であっただけに残念です。

現在再生作業に入るとのことですが、専門家によると再生は難しそう。うまくいくことを祈るばかりです。
この大銀杏が元気な頃の写真を掲載します。2005年撮影したものです。

Kamakura_030_2Kamakura_029


Kamakura_027

2010年3月 9日 (火)

結婚25周年 --銀婚式--

本日、2010年3月9日は我が夫婦の結婚25周年となります。
つまり銀婚式です!

私たち夫婦は昭和60年(1985年)の3月9日に結婚式を挙げました。私26才、妻20才です。もともと同じ職場にいたので職場結婚です。妻は当時から童顔でおじさまキラーであったので、結婚することがバレたら私がどんな目に会うか考えただけで怖く、結婚式の2ヶ月前までずっと伏せていました。案の定、バレた時の先輩のおじさまたちからのお叱り(?)は厳しいものがありました。

ハネムーンはグアム1週間で、今でもその時のことを良く覚えています。
成田空港で出発予定のフライトが故障で12時間も遅れてしまい、やはりグアムの基地に帰るというアメリカ人の兵隊さんと3人でレストランに入り、なれない英語と日本語で会話しながら時間つぶしをしたというハプニングもありました。

あれから25年、私は51才、妻は45才になりました。時間がたつのは実に早いもの。
我が家は今では20才の娘と16才の息子がいます。いつも明るく楽しい家庭であるのは、温かい妻のおかげと今でも感謝しています。

これからも夫婦仲良くやっていきたいと思います。

【グアム写真】 銀塩スライド写真をスキャナでデジタル化 1985-03
Guam_007_3Guam_008_3

Guam_011_3Guam_017_3

2010年3月 8日 (月)

デジタル一眼レフ Nikon D300

私の愛用デジタル一眼レフは Nikon D300です。購入したのは発売後すぐの2007年11月です。それまで愛用していた D200からの買い替えでした。
RAWで撮影し、
Nikon Capture NX2で現像すると、はっとする位、美しい画像に仕上がります。休日のたびに撮影し、その後会社から帰った後に1週間ほどかけて現像するのが楽しみです。

D300_body_l_1_2

レンズは Nikon大三元レンズの1つ、AF-S NIKKOR 17-55mm F2.8G を使用しています。これもかなり高いレンズでしたが、D200時代の2007年に、清水の舞台より飛び降りる気持ちで購入致しました。この写りはまた実にシャープで、それまで愛用していた(現在も保有) AF-S NIKKOR VR 18-200mm F3.5-5.6G とは比べ物にならないほどシャープに写ります。現像後パソコンモニターで原寸大に拡大してみると、そのあまりのシャープさに驚きます。

Nikkor1755dxl_2

この組み合わせは結構重たいですが、美しい写真が撮れると思えば我慢出来ます。
写真はこれからどんどん掲載してゆきますので、楽しんで見て下さい。

2010年3月 7日 (日)

ブログ新規開設

「シンガポール駐在記」管理者のストリームです。

シンガポール駐在体験をもとにHPを開設していますが、このたびブログも開設してみました。日常体験などつらつらと掲載してゆきますので、よろしくお願いします。

リンク→シンガポール駐在記

P3220050
シンガポールの夕暮れ