« 開眼!グリップの重要性 | トップページ | 屏風ヶ浦 »

2010年3月27日 (土)

開眼!グリップの重要性 (2)

グリップの重要性を認識し練習した後、本日3月27日に早速ラウンドし実践してみました。
場所は
袖ヶ浦CC袖ヶ浦コース、千葉県のコースで毎年ブリジストンオープンを開催している良いコースです。

当日は朝から京葉道路下り線の渋滞にハマり、スタートを1つ遅らせてもらったというおまけ付きでしたが、少し肌寒い程度のまあまあの天気でした。

やはりグリップを変えるとコースでも違和感が相当あります。しかし一打一打、慎重に構えてグリップを確認しながらのショットを心掛けました。

その成果はと言いますと、ドライバーは違和感あるせいか若干振り遅れ気味でスライス、右へのプッシュアウトが多く出ましたが、従来多発したアイアンの右へ飛び出してしかもスライスする玉が見事に消えました!
また、もともと好きな5番ウッドもまっすぐ飛ぶようになり、185ヤードのショートではピン横1mに付け、あわやバーディ、残念ながらはずしてパーでしたが、気持ちよく打てるようになりました。

いや、これは嬉しいです!
スコア的にはまだ100を切るには至りませんでしたが、従来の120前後という初心者的なスコアにはならず、実に気分良くラウンドを終えることが出来ました。

今後の課題はドライバーなどの長物の振り遅れ対策とアプローチの練習です。
せっせと練習場に通い、新しいグリップに早く馴染むようにし久しぶりの100切りを目指したいと思います。

袖ヶ浦CC袖ヶ浦コース 18番ホール             2005年のブリジストンオープン
                                (優勝:スメイル:袖ヶ浦コース18番)

B_open_30_2

B_open_27_2



« 開眼!グリップの重要性 | トップページ | 屏風ヶ浦 »

どたばたゴルフ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587970/55079982

この記事へのトラックバック一覧です: 開眼!グリップの重要性 (2):

« 開眼!グリップの重要性 | トップページ | 屏風ヶ浦 »