« 夏井千本桜・三春の滝桜 | トップページ | 蔵の町「喜多方」 »

2010年5月 2日 (日)

塔のへつり

さてGW2日目の5月2日は会津の南にある塔のへつりへ行ってみました。
「塔のへつり」とは変な名称ですが、
「へつり」とは会津方言で川に迫った険しい断崖を意味します。それらの断崖が塔のように見えるのでこの名前が付いたとのことで、紅葉の時期は大変美しいようです。郡山からは一般道を通り1時間少しで到着です。途中、羽鳥湖の脇を通ります。道路の脇に会津鉄道の線路が見えるようになると、もう近いです。

さて塔のへつりに着き会津鉄道の踏切を渡って駐車場に車を止めます。朝早かったせいか、まだたいして混んでおりません。歩き出してすぐ、何と会津鉄道の踏切がカンカンと鳴り出しました! おおっ、これはラッキー! 1日に数本しか通らない鉄道を見ることが出来るとばかり、カメラを持って踏み切りへ走ります。すぐ脇は塔のへつり駅でそこに電車が入り止りましたので何枚か写真を撮ります。周囲には同じようにカメラを構えた人が多くいました。
鉄道の正面、横には、地元の英雄「夏目漱石」の顔が書かれています。2両編成のジーゼル車で何ともいえない風情がありました。

K_tk_017

さて、いよいよ塔のへつりに行ってみます。ここは国の天然記念物に指定されています。案内板を見た後、遊歩道を歩くと、すぐに川沿いに大きなつり橋が見えます。

K_tk_032

K_tk_034

このつり橋、「30人以上は渡らないで下さい」と注意書きがあり警備員の方が立って監視しています。さほど重量に耐えられないのでしょうが見ているとどう見ても30人以上の人が上にいます。ちょっと怖いのですが渡ってみますと、最初は縦にグラグラ揺れています。まあこんなもんだろう、と思いながら進むと、真ん中あたりでは横にグラグラ揺れます!
これは正直、落ちそうで怖かったですが、つり橋の上から見る川沿いの景色はっても素晴らしいものでした。

K_tk_040

K_tk_051

渡った所には、岩をくりぬいた祠があり、以前、高松宮殿下が訪問されたと記されています。

K_tk_047

雄大な風景を堪能した後、また入り口に戻ります。ここにはいくつかの売店があり、その1つに「へつり団子」がありましたので食べてみたら、非常においしかったです。大きな団子が3つ串に刺さって300円はお得。その他には、あゆに塩焼きやつくねなどあり、目の前で焼いてくれますので、ちょっと一休みです。

K_tk_052

帰るときには、先ほどの会津鉄道の塔のへつり駅をまた見てみました。駅といっても無人駅なので人はいません。山の中の風情ある駅ということで、別の機会にここで列車に乗ってみたいと思いました。

K_tk_060

お次は、近くの昔の宿場の「大内宿」に向かいます。ここは江戸時代に参勤交代などで非常にはやった宿場とのことで、藁葺き宿がいまだにいくつか残っている場所なので楽しみにしていました。しかし山道に入ると、いきなり大渋滞です! 見ると大内宿まではわずか4kmなのでそのまま並んでいましたが、1時間たっても1kmしか進みません!
これではいつになっても目的地にたどり着かないと判断し、残念ですがUターンし本日見るのは諦めました。ここを見るには朝一番で来ないと無理そうです。

そこで北上し、蔵の町「喜多方」へ向かうこととしました。初めて訪問する喜多方、楽しみです。

« 夏井千本桜・三春の滝桜 | トップページ | 蔵の町「喜多方」 »

散歩・観光地めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587970/55079965

この記事へのトラックバック一覧です: 塔のへつり:

« 夏井千本桜・三春の滝桜 | トップページ | 蔵の町「喜多方」 »